読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ガイアの夜明け-タクシー頂上決戦-」を見て雑魚タクドラが思うこと(随時追記・修正)

タクドラとして旅客運送業の末席に加わることになってしまった雑魚労働者の私。

テレビなんてリアルタイムでめったに見ませんが、この特集だけは見てしまいました。

kaz-the-scum1984.hatenablog.com

番組では 日本交通とkmが取り上げられていましたが、私、そのkmの本社説明会に参加したことがあり、待機場所から眺めることができたモニターには、新卒研修の様子が映し出されていました。※日本交通はグループ会社の面接だけ

正直、新卒が体験していたのは、非常に月並みなオレンテーリングでしたが、若さに満ち満ちており、とても輝いて見えました。

しかし、正直、 貴重な新卒カードを犠牲にしてまでタクドラを選ぶ人の軽率さに、私は引いてしまいます。

タクドラなんて門戸が広い職業(正直底辺職)、貴重な新卒カードを捨てるには絶対に値しません!!

私がホワイト企業の内定を蹴って、不動産売買仲介営業の仕事を選んでしまったことと同じくらい愚かだと断定できます。

落ちることなんて、とても簡単なことなんですよ・・・そして上がることは至難の業・・・

歩合で働くタクシー乗務員の平均年収は、大日本帝国であれば年収400万~450万ですから、大卒でも大学がMARCH未満などの低レベルであれば、非正規雑魚労働者やブラック企業正社員での労働を選ぶよりはと妥協できるのかもしれませんね。

大日本帝国の説明会には一通り参加したので、年収はそこで言われた数字を基にしています。

ただ、タクシーのドライバーの社会的地位は正社員労働者の中では最低レベルですし、ハイヤーの採用担当者に言わせると、金融機関の信用も低いらしいです。

その発言は、ハイヤーの面接時だったため、「タクドラとは違う誇りの持てる仕事だよ。」というポジショントークの可能性も高いですがね(笑)

話を戻しますと、新卒でタクドラだと、まともな会社に就職した友人に胸を張ることはできないでしょうし(話のネタとしては使えますけどね)、20代前半としてはそこそこ満足できる400万円台前半の給料も、正直、結婚を考える年齢(アラサー)としては、物足りない金額でしょう。

私は、28歳でパイプカットして三十路でタクドラになるなど、人生いろいろと諦めていますが、新卒だとそういった覚悟できてないでしょ、きっと。

また、番組中ではkmの年収800万の「カリスマドライバー」が登場していましたが、それを額面で稼ぎ出すには、1ヵ月あたり1xx万程度の営業収入を上げなければならず、そんなことが可能な人なんて極わずか。

日勤・隔日勤務だと非常に厳しい数字ですから、ナイトの方でしょう。

26日ナイトで勤務し、1日のノルマが6,7万という一流ドライバーなんでしょうね。

控えめに言って、投資用不動産などの、怪しく、そして厳しい営業の年収アピールと大差ないですわ・・・可能性はゼロではないけれども・・・ね?

しかも、kmは銀座に向かえと新人にアピールしていたし・・・すごいなぁとしか。

日本エスリード「年収1000万円なんかに憧れるな。俺ら4人の年収合わせて8000万円超。」 : 市況かぶ全力2階建

先日、metroで女性ブラックキャブドライバーの記事を読みましたが、日本のタクドラと異なり就職が難しいブラックキャブドライバーでさえ、とにかく安いUberにはフルボッコにされることは避けられないようで・・・オワコン職業であることは日本と同じですね。

metro.co.uk

散々、新卒ドライバーについてネガティブなことを書いてきたので、プラスの点を記して終わるとするならば、性別・年齢・学歴・職歴・国籍など関係なく稼ぐチャンスがあるということでしょう。

そして、数字が人格。

Global Gender Gap Reportで明らかな、この女性蔑視の中世ジャップランドで、女性が差別されることがあまりなく稼げる、数少ない仕事なんじゃないでしょうかね。

あと、メリットでよく会社が挙げる、「勤務日の翌日(明け番)は休みのようなもの。自分のペースで働けます。」というのは、半分本当で半分嘘。

隔日勤務乗務員を募集する際、採用ページでどの会社でも謳ってますが、実際には、翌日に備えて体を休めるという"仕事"がありますからね・・・20時間の連続シフトで休憩(睡眠含む)が2,3時間しかないって、キツイと思いますよ。それに備えるんです。

私のようにやる気のない雑魚ドライバーは、仕事中に付け待ちをしている訳でもないのに6,7時間寝てしまいますが、そのような人はレアです(笑)

早朝出庫から羽田空港専門付け待ちオンリーで仕事をするという選択肢もありますが・・・どうでしょうか。

余談ですが、後半買収されるタクシー会社について一言。

ドライバーの人間性が、雲助と揶揄されるにふさわしい人たちでしたね・・・とても接客業従事者とは思えない(笑)

ただ、地理に関してああいった人たちに遥かに劣るのが新米ドライバーなので、早く道を覚えないといけませんなぁ・・・